経営情報

コーポレート・ガバナンス

アライドテレシスグループは、経営の健全性、透明性及び効率性を確保し、継続的に企業価値を高めていくことをコーポレート・ガバナンスの基本的な方針、目的としています。

アライドテレシスのガバナンスの体制の概要

当社は経営の健全性、透明性及び効率性を確保し、継続的に企業価値を高めていくことをコーポレート・ガバナンスの基本方針としてその実現に努めています。このような方針の下、当社は監査役会設置会社の形態を採用し、かつ執行役員制度を導入することで意思決定及び監督機能と業務執行機能を分離させることにより、取締役及び取締役会がより的確に業務執行の監督が出来る体制にしております。

取締役会

取締役会は、現在、取締役5名(うち社外取締役2名)で構成されており、原則毎月1回開催するほか必要に応じ随時開催し、当社及び当社グループにかかる基本方針、重要事項について審議、決定しております。

監査役会

監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されており、原則毎月1回開催するほか必要に応じて開催し、情報の共有化を図るとともに、監査方針、監査計画に基づき当社及び当社グループの監査を実施しております。

内部統制システムの整備状況

当社の内部統制システムにつきましては、平成27年9月29日開催の取締役会において、内部統制システム構築の基本方針を改正し、当社および当社子会社の取締役および使用人が法令や定款等を遵守することの徹底を図り、リスク管理体制の強化・充実に努めております。

業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

内部統制システムの整備状況の業務の適正を確保するための体制については、「統合コンプライアンス委員会」を設置し、その実効性を確認することとしております。

コーポレート・ガバナンスの体制

コーポレート・ガバナンスの体制

コーポレート・ガバナンス報告書

Get Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。