経営情報

経営方針

経営方針

当社グループは、「社会品質を創る。アライドテレシス」をコーポレートミッションとして掲げ、ネットワーク関連事業をビジネス領域として企業活動を行い、世界中の人々が安心して、いつでも、どこでも、快適に情報を利用できる豊かな社会の創出に貢献することを基本方針としています。

経営戦略

当社グループは業績改善と持続的な事業拡大のため、次の4本の柱を基本戦略として経営を実践しております。

基本戦略 4つの柱

ソリューションビジネスの推進

これまでに築き上げたブランド力、技術力そして培った豊富な知識や経験などを活かし、ネットワークスペシャリストとして顧客にとって最適なソリューションを提供することでビジネスの拡大を図ります。製品(モノ)の販売から、顧客ニーズに沿った価値あるサービスやサポートを含む包括的なソリューション販売により収益力を向上させてまいります。

社会的ニーズに対応する研究開発の強化

事業環境の変化をビジネスチャンスと捉え、社会の潮流を見据えた技術開発と成長分野へ経営資源を投入します。社会ニーズに合致した製品とサービスを安定的に提供することはもとより、IoT時代に求められる、より快適なネットワークインフラを提供すること、さらには、社会の安心・安全を担保するIPネットワーク技術を活かした新しい価値の創造に取り組んでまいります。

製品・サービスの高付加価値化

顧客のTCO(総所有コスト)を削減する製品やサービスを提供し、高付加価値化による収益率の向上を図ります。さらに、定期的な売上をもたらす、ソフトウェア製品やサービスのストックビジネス化により安定的な収益の確保を目指します。

グローバルオペレーションによる経営の効率化

ローカライズされていた製品等をグローバルに統合・標準化し、調達コストの削減を始め、開発、生産、販売及び物流の合理化を図ります。さらに、各地で行っていた在庫管理を集約し、グローバルで最適な製品供給体制を構築し、経営の効率化を図ります。