経営情報

ディスクロージャーポリシー

当社は、IR活動を通して財務情報や事業活動等の経営情報を公正かつ公平に開示し、 株主・投資家の皆様が当社の事業内容や経営方針をより一層ご理解いただけるよう努めてまいります。


情報開示の基準

当社は、金融商品取引法、その他の法令および当社の有価証券を上場している証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っています。

また、当社では適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資家の投資判断に影響を与えると思われる決定事項・発生事項および決算に関する情報や、商品・技術・サービス等に関してステークホルダーの皆様にお伝えすることが望ましいと思われる情報については、できるだけ速やかにかつ公正に情報開示を行います。


情報開示の方法

適時開示規則が定める適時開示情報については東京証券取引所の提供する「TDnet」にて開示するとともに、その他の情報も含め、プレスリリースや当社ホームページへの掲載、決算説明会資料等の決算書類への記載など、さまざまな手段を通じ、より多くのステークホルダーの皆様に広く公平な情報開示を行うよう努めます。


沈黙期間

決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」とし、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。



免責事項

情報の開示について

当ホームページは、株主・投資家などの皆さまに当社の経営方針、事業計画、財務状況などの情報をご理解いただくことを目的としており、当社の株式の購入、売却など、投資を勧誘するものではありません。

当ホームページに掲載された内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた障害等に関しましては、その理由の如何に関わらず、当社は一切責任を負うものではありません。

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する「TDnet」にて公開しています。当社は当ホームページを株主、投資家の皆さまに対する重要な情報発信源のひとつと考えており、開示規則に該当しない情報についても、株主、投資家の皆さまの理解を助けると判断した場合は、できる限り積極的かつ公平に開示してまいります。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もあります。

英語サイトについては、海外の株主、投資家の皆さまの利便のため、当社が必要と判断する情報を選択し掲載しております。従って日本語サイトとの同一性を保証するものではありません。

当ホームページに掲載されている、当社の現在の計画、見通し、戦略のうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に対する見通しであり、これらは、現在入手可能な情報から得られた当社の経営者の判断にもとづいています。実際の業績は、経済情勢等さまざまな要因により、これら見通しとは大きく異なることがあります。

以上のことをご理解いただき、投資に関する決定をされる場合は、ご自身の判断およびご責任でなされますようお願い申し上げます。


掲載内容の変更について

当ホームページに掲載されている情報は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。


機能停止について

自然災害、回線、機器等の障害又は保守による機能停止等に起因する、当ホームページに関わるお客さまの情報の消失、連絡の遅延、誤送等につきましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。